さわら町屋館のお知らせNEWS

さわら町屋館のお店STORE

CAFE NETAIMO

CAFE NETAIMO

香取市で生産から加工まですべて自社で行っている「芝山農園」が展開する「CAFE NETAIMO」。中でも芋を低温貯蔵で熟成させ、じっくり焼き上げて作る「寝た芋」はフード・アクション・ニッポンアワード2016や料理王国100選 2018などに選ばれました。

  • 芋ペチーノ(焼き芋黒蜜味/焼き芋ショコラ味):レギュラー500円
    “寝た芋”のべにはるかを使用し、すっきりとした甘さと芋の風味が味わえ、インスタ映えも狙える1杯。
  • コーヒー(ホット/アイス):250円
  • 干し芋:1袋390円
  • 芋けんぴ:1袋290円
オオノ農園

オオノ農園

落花生農家として千葉県一の面積を誇るオオノ農園。風味・コク・甘みが一番あり落花生の王様とも呼ばれる最高評価の品種「千葉半立種」を中心に栽培しており、土壌にはふんだんに有機肥料を用いる。「食のちばの逸品を発掘2015」コンテストで女性企業家等部門で金賞を受賞した「落花生100%ペースト」や、落花生アイス、食べ歩きに適した小袋落花生などの加工品のほか、その日の気分で選ぶのも楽しいハーブティーもご用意。フレーバーティーやデカフェ紅茶、たんぽぽ茶、ぷるぷるティーなど種類豊富に取り揃えており、旅の疲れを癒してくれます。

  • 皮なし落花生100%ペースト:170g 1,080円、100g 750円
  • 渋皮入り落花生100%ペースト:170g 1,180円
  • 落花生アイス:350円
  • 癒しのハーブティー:各250円~
ギャラリー梅

アトリエ梅

革を使用し、ひとつひとつ手作りで作る革盆栽の展示・販売を行っています。革で作った盆栽は手のひらに乗る大きさで、どこにでも飾れて手入れの手間もかからない。盆栽の幹・花・枝・葉は革で、実は粘土でできています。遠くから見てもそばで寄って見ても本物と見分けがつかないほどの質感と色合いが自慢です。革と針金で作る日本伝統の造形をご自身の手で創りだせるワークショップも展開しています。創作革のミニ盆栽の世界観をぜひご堪能ください。また、グラスやピアス、キーホルダーなどの手作り雑貨の販売のほか、ホットコーヒーや、生ハムとカマンベールチーズのカンパーニュサンドなどの軽食もご用意。

  • ホットコーヒー:350円
  • 生ハムとカマンベールチーズのカンパーニュサンド:400円
まいぷれ香取

まいぷれ香取×ル・マルシェ部

まちのイベントや店舗の紹介など様々な情報を発信する地域情報サイト「まいぷれ香取」と、ふるさとをおもしろく活気ある町にしたいと香取市出身の若者が集まった「ル・マルシェ部」。都市農村交流や既存団体への橋渡し、情報発信の場づくりを行うマルシェ事業や、お土産品等の地域産品の販売代行、農業・観光体験等の開発及びワンストップ窓口を展開。地元の方はもちろん、観光でいらっしゃる国内・海外の方に、いち早く正確な情報をお届けしていきます!

【山田屋呉服店】produce by まいぷれ香取×ル・マルシェ部
農業・観光体験の開発事業の第一弾として、「山田屋呉服店」と連携し“本格着物で町歩き”体験を実施。どこか懐かしい昔ながらの景観が残る風情ある佐原の町並みを、着物で散策できます。気軽に手ぶらでOK!1日レンタルで3,500円~。オプションでプロのカメラマンが写真撮影も行ってくれます。団体の方は事前予約がオススメです。またお子様用に忍者に変身できる忍者セット(2,000円)もご用意! ご家族みんなで大変身して町散策が楽しめます!

さわら町屋館(上川岸小公園)についてABOUT

さわら町屋館(上川岸小公園)について

江戸や明治時代の商家などが残る香取市佐原地区に香取市の観光休憩所「上川岸小公園」が4月にオープンしました。
佐原地区の重要伝統的建造物群保存地区の中心部、小野川沿いに位置し、伝統的建造物に倣った意匠で建築された町屋風建物です。
だれでも気軽に立ち寄り、木の香りに包まれながら、ほっと一息つける施設で、歴史的な建造物を内部から見学してください。
また、愛称が「さわら町屋館」に決定いたしました。

[営業時間] 10:00〜20:00
[定休日] 月曜日
[TEL] 0478-79-9385(NIPPONIA SAWARA)